合気道日記もどき

合気道はじめたばかりの若輩者が日々学んだことをぶちまける日記

「試合がない」ということがもたらす自在性とその危うさについて

合気道には試合がありません(ここの話は掘り出すとめんどいのでそういうことにしてください)。つまり「勝ち負け」がありません。これがすごく大変なことだなぁ、と最近思っているので記事にしようと思います。

「正しい」合気道を教えることは難しいのではないか?

試合がある武道、たとえば柔道、たとえば剣道。これらには「こうした方が勝てる」「こうすると負けない」という「正しさ」があります。もちろん体格差などがあるのでひとえには言えないところがあると思います。しかし、合気道にはそもそもそういった「正しさ」がありません。「試合に勝てる剣道」「相手を倒せる柔道」のような概念がないのです。

この「試合がないゆえに目標がひとつに定まらない」ところに合気道の異色さが現れているように思えます。そのため「相手を思いっきりぶん投げてストレス解消するため」「ダイエットのため」「健康のため」「護身術のため」さまざまな目標を設定することが可能です。それ故に、「その人の目標にあった合気道の動き」というのは各人に依存するのです。

「合気道らしさ」を教えるべき

各人が各々で合気道を作り上げていくと、結果として「誰も合気道ができなくなる」んじゃないか、とたまに不安になります。「こういう動きが正しいからこうしなさい」と教えることが他の試合のある武道と違ってできないからです。「こういう動きもある。しかし、今の稽古の目的に合っているのはこの動きだからこうしたほうがいい」というところまで理解しながら指導にあたるのは中々骨が折れます。しかも、一学生がそんなことを完璧にできるでしょうか?残念ながら難しいのが現状だと思います。

では、「目的に合った動作」を理解しながら教えてもいいのでしょうか?ここからは僕の考えですが、「合気道らしい」動作というのは、どの目標においても根底にある価値観であるべきではないでしょうか?つまり、「合気道らしい」動作を正しく理解し、それをまずは教える。次に各人の目的に合った動作を教える。こうしたほうがいいのではないでしょうか。

また、「合気道らしい」動作というのはおそらく「相手を倒せる」「見た目が派手」な動きではないと思います。それらは「目的に合った動作」に入る気がします。

まとめ

指導をしながら「今の自分は果たして正しいことを教えられているのだろうか?」と疑問になってしまったので書きました。あまりまとまってなかったとおもいますが、ここまで読んでくださりありがとうございました。