合気道日記もどき

合気道はじめたばかりの若輩者が日々学んだことをぶちまける日記

「柔よく剛を制す」が、「剛よく柔を断つ」とも。

「柔よく剛を制す」は聞いたことがある人が多いと思います。「力のない者が技術で相手を倒す」というものです。しかし、この言葉には続きが有り、「剛よく柔を断つ」という言葉が続きます。こちらはあまり知られていないのではないでしょうか。

「剛よく柔を断つ」というのは、「力で技術を上回り、技術のある相手を倒す」ということです。「合気道に筋トレはいらない」という人はおそらく前者を盲信してしまっているのだと思います。本部道場の師範をみてもわかるとおり、合気道でも「剛」は大切な要素です。「剛」も「柔」も兼ね備えた合気道をめざすのが健全なのではないでしょうか?