ジャズを投げつけろ

合気道はじめたばかりの若輩者が日々学んだことをぶちまける日記

組太刀の動画から文字を起こした

あくまで動画の文言を書いているだけです。

youtu.be

【打ち】と【受け】はそれぞれ打ち太刀、受け太刀の意味です。

一の太刀

一の太刀(動画)

合わせる回数: 2回

  1. 【受け】が打ち込もうと上がる剣に合わせて【打ち】が胸を突き上げる
  2. 【受け】は下がって剣を躱して振り下ろす(後ろへ送り足)
  3. 【打ち】が左足を一歩出して打ち込んでくる
  4. 【受け】は歩み足で一歩引いて受ける(軽く振りかぶって振り下ろしてから)
  5. 【打ち】が早返しで打ち込んでくる
  6. 【受け】は歩み足で一歩引いて抑える

二の太刀

二の太刀(動画)

突きの回数: 2回

下段→突き→早返し→突き→早返し

  1. 右相半身スタート
  2. 【打ち】が徐々に大上段に構える。【受け】も合わせて振り上げる(どちらも足は動かさない)。
  3. 【打ち】は【受け】の足を狙い送り足で一歩前へ(大上段になっていて頭を狙えないから)
  4. 【受け】は送り足で一歩下がりつつ受ける(半身は変えない)
  5. 【受け】が相手の小手を切ろうと少し振り上げる
  6. 【打ち】は七の素振りの要領で突く
  7. 【受け】は歩み足で一歩引いて受ける(ここで左相半身になる)
  8. 【打ち】は早返しで打ち込む
  9. 【受け】は歩み足で一歩引き、軽く振りかぶってから振り下ろして抑える
  10. 【打ち】は抑えられた勢いそのままに下にもぐらせて突く
  11. 【受け】は歩み足で一歩引いて抑える
  12. 【打ち】が早返しで打ち込むのを【受け】は歩み足で一歩引いて抑える

三の太刀

三の太刀(動画)

はじかれて打ち込み→打ち込み

  1. 右相半身スタート
  2. 【受け】は相手の剣を払う
  3. 【打ち】が早返しで打ち込んでくるから【受け】は歩み足で一歩下がって軽くふりかぶリ振り下ろし、受ける
  4. 【打ち】が早返しで打ち込んでくるから【受け】は歩み足で一歩下がって受ける

【受け】は二回目は弾かない。

四の太刀

四の太刀(動画)

お互いに突くので危ない。そのため、一歩間合いが遠い状態で始める

突き→突き→早返し

  1. お互いに六の素振りで突く
  2. 【受け】は相手の剣を抑える
  3. 【打ち】が七の素振りで打ち込んでくる
  4. 【受け】は一歩歩み足で引いて払いのける
  5. 【打ち】が早返しで打ち込んでくるから【受け】は歩み足で一歩引いて抑える

五の太刀

五の太刀(動画)

上段→上段→下段→上段

  1. 【打ち】が大きく振りかぶる(一の素振り)
  2. 【受け】は転身で躱しながら早返しする
  3. 【打ち】も転身しながら剣を合わせる(振りかぶったりしない)
  4. 【打ち】は一歩踏み出しながら早返しで打ち込む
  5. 【受け】は一歩引いて受ける
  6. 【受け】が太刀取りの要領で間合いをつめる
  7. 【打ち】は左に回り(入り身に近い転身)足を狙う
  8. 【受け】は一歩出して転換して受ける
  9. 【打ち】は早返しで打ち込む
  10. 【打ち】の上がる剣に合わせて抑える

つば競り合いではない

気結びの太刀

気結びの太刀(動画)

中段→振りかぶり・突き→中段→牽制

  1. 【打ち】が振りかぶるのに合わせて【受け】も振りかぶる
  2. 両者振りかぶりつつ後ろ足から一歩出る
  3. 三の素振りで剣を収める
  4. 【打ち】が打ち込んでくる
  5. 【受け】は右に転身して抑える
  6. 【打ち】が大きく振りかぶる(その場で動かない)ので【受け】は合わせて六の素振りで突く
  7. 【打ち】が歩み足で一歩でながら振り下ろす
  8. 【受け】は左に転じて相手を打つ
  9. 【打ち】が大きく振りかぶるのに合わせて【受け】は【打ち】の左手の小手に合わせる(右持ちの七の素振りみたいな感じ。刃は左向いてて右半身の状態)