合気道日記もどき

合気道はじめたばかりの若輩者が日々学んだことをぶちまける日記

結局いい受けってなんなんだろう。

別に良い受けの結論は出ていないのでモヤモヤさせるだけの記事です。また、正面打ち等の「打ち込み」についてはこの記事では考えません。あくまで掴みについて考察しています。

僕は「攻める」受けが好き

「実戦ではそもそも掴まれる状況に追い込まれた時点で負けている」という言葉はどこかで聞いたことがあると思います(あるよね?)。逆に見ると「つかむことができればほぼ勝ちといえる」、受けが圧倒的優位ということです。ではなぜこのようなことが言われるのでしょうか?

それは、掴んでいるため相手に有効に力を伝えられるから、だと思います。掴んでいるため相手が腕を上げられないようにすることも、こっちに引きずり込むこともカンタンにできます。諸手なんて取りから当身があてられないように動き回れば、相手を煮るなり焼くなりできるくらい優位に立ち回れます。

攻める受けはいい稽古につながるのか?

では、「攻める受け」をすることは果たして良い稽古になるのでしょうか?合気道の稽古は取りと受けの二人で成り立っています。そのため、取りにとっても、受けにとっても得るものがある稽古のほうがいいはずです。しかし、「攻める受け」は取りにとって良い稽古になるでしょうか?

それは目的によります。取りが「相手にガッシリ掴まれて、掴まれたところから抑え込まれそうになる」ような状況を想定した稽古をしたいなら良い稽古になると思います。しかし、受けとの繋がりを作る稽古がしたい場合は、ガッシリ掴んで押さえ込もうとするよりはふわっと掴みつつ手のひらを付け続けるほうがいいかもしれません。

結局いい受けって?

たぶん「取り受けどちらの目的にも合った受け」が正解ではないでしょうか。わかりませんが。しばらく僕は「攻める受け」を完成させられるよう稽古しようと思います。