合気道日記もどき

合気道はじめたばかりの若輩者が日々学んだことをぶちまける日記

肚をつなげるがわかった…かも。

よくハラ(肚・腹)をつなげ、といわれますが、物理的には腕と腹はくっつくわけがありません。この「比喩表現」が何を指しているのか、わかった気がするのでまとめます(わかった気がするだけですし、本当にわかったわけではありません)。

肚をつなげるってどういうときにやるの?

肚をつなげるという言葉は、例えば

  • 座技呼吸法を「相手の肚と自分の肚をつないで」やれと言われる
  • 天地投げの天の手は肚と腕をつなげて釣り上げる

などと使われます。前者についてはまだわかっていませんので、今回は後者の話をします。

肚と腕をつなげる

肚と腕をつなげると、感覚的には「お腹を前に進めることで」腕をあげることができます。この「お腹に力をいれると腕があがる」のが肚をつなげる、ではないでしょうか?たぶん。

肚をつなげるには、肘を体から離す必要が有ります。そして、腕をなるべく直線になるように(肘が折れ曲がらないように)します。ただ、本当にまっすぐにするのではなく、やや曲げます。そして、腕の直線が肚とつながるようにします。

f:id:panda_noir:20181231230604p:plain

こんな感じです。腕の直線と肚が交わっていますよね?こうすると力が入りやすいです。また、このとき「手刀で」相手側に腕を伸ばすようにするといい感じになりいます。肘で押そうとするとそこから相手に攻められます。

練習方法

木剣を振り上げる時にお腹をつかうイメージです。感覚としては、掌底のところで木剣を押し上げる感じ(掌底で押すというより、お腹の力を掌底から出す感覚)です。うまくいくと円軌道で木剣を振り上げられるはずです。

腕で振ってしまっている人はまず背中で振れるようになってからこの段階に移行してください。