合気道日記もどき

合気道はじめたばかりの若輩者が日々学んだことをぶちまける日記

正面打ち立ち呼吸法: 正面打ちは振り切るつもりで打ち込む。表は相手をいなして投げる。裏は勢いが乗る前に止めて投げる

  1. 相手の正面打ちを捌きながら半身を横に向けます。
  2. 自分の中心で手刀を振り上げます。
  3. 相手を投げます。

  1. 相手の正面打ちを勢いが乗る前に止めます。
  2. 自分の中心で手刀を振り上げます。
  3. 相手を投げます。

正面打ち四方投げ: 捌きは手刀で斬り下ろして行う。

正面打ちの捌きのうち、四方投げはかなり特殊な足さばきを行う。

  1. 腕を交差させて相手の正面打ちを受けます。
  2. 手刀を斬り下ろして相手を捌きます。

以下交差取り

正面打ち一教: 基本。表も裏も斬り下ろしてからつかむ。表は相手が振り上げた瞬間に入って、勢いが乗る前に捌く。裏は勢いが乗っていてもさばける。

  1. 相手の正面打ちを手刀で制します。
  2. 相手の肘を取り、相手の顔の方へ攻めると同時に手刀を斬り下ろします。
  3. そのまま二歩大きく進み、跪坐になります。
  4. かかと同士をつけ、お尻を浮かさないようにして相手を制します。

  1. 相手の正面打ちを手刀で制します。
  2. 相手の肘を取り、相手の顔の方へ攻めると同時に手刀を斬り下ろします。
  3. 転換をしながら跪坐になります。
  4. 表と同様に抑えます。

正面打ち入り身投げ: 打ち込みをきちんと振り切る

  1. 入り身しながら受けの首を掴み、転換しつつ手刀を斬り下ろして受けを崩します。入り身と転換は同時に行います。
  2. 受けを肩口に導きます。
  3. 遠くの窓を拭くように大きく腕を動かし、全身で相手を投げます。

半身半立正面打ち入り身投げ: 受けは崩された時膝をつく。取りは投げる時は足を出さず腕だけで投げる。

座技正面打ち入り身投げ: 受けは崩された時膝をつく。取りは投げる時腕だけで投げる。

正面打ち二教

  1. 正面打ちを手刀で制します
  2. 相手の肘を取り手刀を斬り下ろします
  3. 二教で相手の手を取ります
  4. 二歩前へ進み相手を抑えます

  1. 当身を入れつつ継ぎ足で相手の裏へ入ります
  2. 二教で相手の手を取り、転換します
  3. 相手が起き上がってくるので、親指を肩に密着させ二教を極めます。このとき相手の手首のあたりを掴みます
  4. 転換し二教で抑えます。

正面打ち小手返し: (そのまま)

  1. 入り身して正面打ちを捌きます
  2. 受けの小手を小手返しで取ります
  3. まず転換をし、次に前足を横に出し、空いたスペースに後ろ足を出しながら投げます

半身半立正面打ち小手返し: 捌いて小手を掴んだら、前足の膝を軸にして足を180度開く。今度は後ろ足の膝を軸に180度開く。これで捌きは終わり。

正面打ち回転投げ: 打ち込みの勢いを利用して捌く。ただし受けは勢いそのままに前のめりにならないよう気をつける。打ち込みを一教のように交差させて止め、もう片方で斬り下ろしつつ受け止め た手で首を掴んで捌く。

正面打ち呼吸投げ(天秤と1つ): 正面打ちを振り切る。一教のように接点作ったらそのまま投げる。

正面打ち隅落し: 四方投げの要領で捌く

正面打ち三教

  1. 正面打ちを手刀で制します
  2. 肘を制し、手刀を斬り下ろして三教で掴みます
  3. 三教を極めて相手の顔の方に近づけ当身をいれます
  4. 転換を行い、相手を抑えます

  1. 正面打ちを手刀で制します
  2. 肘を制し、転換します
  3. 三教を極めながら振り下ろします
  4. 極めたまま転換を行い、相手を抑えます。

正面打ち四教