合気道日記もどき

合気道はじめたばかりの若輩者が日々学んだことをぶちまける日記

三教投げ三種

今回は逆半身片手取り三教投げとします。右逆半身スタートです。

共通部分

3種すべてに共通の部分です。

  1. 継ぎ足で相手の右側面へ一歩入る。足を寄せた際に相手の顔へ当身を入れる。
  2. 相手の左手を自分の左手でつかみ、転換する
  3. 相手が起き上がってきたら三教を極めつつ自分の右へ腰を切って相手を釣り上げる

ここまでです。取りも受けも立っていて三教が極まった状態です。ここでは片手取り三教裏と同じやり方でしたが、三教表でも相手を立ち上がらせればそこからできます。

1手目

  1. 三教で相手を立たせる
  2. 三教を決めたまま前へ放り投げる

一番シンプルなものです。

2手目

  1. 立たせる
  2. 左手は握ったまま、右手を離し、相手の肘を右手刀で切り下す

受けは飛び受け、あるいは後ろ受け身となります。

3手目

  1. 立たせる
  2. 三教をそのまま極め続け、相手を自分の周りで一周させる
  3. 相手の肘が目の前に来るので左手で隅落しの要領で投げる

個人的には一番難しいと思います。

ちなみに、巻き落としへの変化を4手目とするやり方もあるようです。

背筋を使うためには

広背筋はかなり大きな筋肉であり、重いものを持ち上げたりするときに使います。この大きな筋肉を合気道で使わない手はありません。

TL;DR

  • 広背筋の力を使うには肩と肘の力を抜かないといけない。
  • 広背筋を使えると力の出所を隠せるので相手の抵抗を受けない。
続きを読む

正面打ち一教返し やり方

一教返しという技名ですが、返し技ではありません。絡み投げとも呼ぶようです。

右相半身とします。

  1. 受けが打ち込んでくる
  2. 前足を出しつつ右手刀で制する
  3. 相手の腕を斬り下ろす
  4. 左手を相手の右腕の上から差し込み自身の右手の前腕を掴む
  5. 大きく腕を回し転回しつつ投げる

特殊な技の動画を検索するテクニック

たとえば「腕挫二教(うでひしぎにきょう)」や「入り身落し」といった、現在の規範に存在しない技を知りたいときに使えるテクニックです。やり方はとても簡単で「ude hishigi nikkyo」や「irimi otoshi」のようにローマ字で検索するだけです。海外の方がコンテンツが充実しているのでこれで引っかかることが多々あります。

なぜ日本発祥の武道であるはずなのに海外の方がコンテンツが充実しているのでしょうか?このままで果たしていいのでしょうか?いいはずはありません。もっとインターネットを通じて幅広くコンテンツを展開させていくべきだと思います。私は今後もこのブログを通して合気道のコンテンツを発信していこうと思います。

特殊な入り身3種

規範には相手の背後に入り身するやり方のみが載っています。しかしこのあいだの講習会でそのほかに3種の入り身があることを教わったので紹介しようと思います。

入り身3種

  • 相手の背後に背中合わせになるように入り身
  • 相手の前面(表)に入り身
  • 相手の前面に背中合わせになるように入り身

この3つです。

特殊な入り身を用いた技

講習会では正面打ち小手返しをしました。

  1. 右相半身からスタート
  2. 相手が打ち込んでくる
  3. 右手を振り上げつつ、相手と背中合わせになるように相手の裏へ入り身
  4. 左手で相手の右手を掴む
  5. 転換する
  6. 以下小手返し

ナンバ歩きと合気道

ナンバ歩き」をご存じでしょうか?同じ側の足と手を一緒に前に出す歩き方です。先輩に言われて気が付いたのですが、合気道の動きはすべてこの「ナンバ歩き」となっています。

2017/7/24 追記: ナンバ歩きは単に同じ側の手と足を前に出す歩き方、ではないようです。

例えば横面を打ち込むとき。手を振り上げて振り下ろすとき、同じ側の足を前に出しつつ打ち込みますよね。

ではなぜナンバ歩きなのでしょうか?それは実際に一度ナンバ歩きをしてみるとわかります。ナンバ歩きをしてみると、腰がよく回り、いつもより力強く足を出せることに気が付きます。手と足が一緒に出るのですから腰も自然と回ります。

ナンバ歩きは見た目があまりよくないので周りに人がいるときはやめましょう。